サクラ島大学 ホーム » レポート » 言葉を探した授業

言葉を探した授業

この日の桜島の写真が、授業の風景をそのままに映してくれているように見えました。

透明感のある雰囲気に、静かでおだやかな時間。
そして、少しずつ奥底の方から湧き上がってくるもの。

第2回目となる授業のキャンパスは、
ash開催中のマルヤガーデンズのガーデン7にて行われました。
陽の光が入る真っ白な空間が、今回の授業に合っていたように想います。

サポーターのみんなと早目の集合。仲良く授業の準備を進めていきます。
クリスマスっぽい雰囲気をと、みんながオーナメントやキャンドルを持って来てくれました。

東京の職員メンバーの中原さんと坂口さんも、この日は駆けつけてくれました。

言葉を探していく、この日の授業は、
みんなで1分間目を閉じるということからはじまりました。

その瞬間、それぞれメッセージを贈りたい大切な人が、ぷかぷかと想い浮かんでいきます。

心を落ちつかせて、僕たちが準備したワークブックをもとに、グループでの作業に。

思いがけない質問や気づきに、ひとつひとつ悩んだり、考えたりしていく時間。

言葉を探していく過程で、人に話をしたり、聞いたり。

ひとりひとりの表情に、心の様子が映っているように、
あがったり、さがったり、たくさんの表情がありました。

よく自分自身と相談して、
贈る相手とのことを考えるきっかけになれたのではと想います。

もぐって、もぐって、言葉を探す、ぎゅーっとした時間。

また、こんな時間をつくりたいです。

素敵な時間を支えてくれた、授業コーディネーターの山口さん、
職員、サポーターのみなさん、タピオカメンバー、
そして、授業を受けに来て頂いた生徒のみなさん
ありがとうございました。

ユータ学長

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。