サクラ島大学 ホーム » プロジェクト » 夜の桜島を巡る
無事に終了しました。
夜の桜島を巡る夜の桜島を巡る夜の桜島を巡る

夜の桜島を巡る

プロジェクトカテゴリー : 自然・環境

開催日
2014年10月25日(土)
開催時間

17:00〜19:30

夜の桜島を巡る
〜火の島の、赤い火を眺めに〜

夜の桜島を巡る、ナイトツアーをひらきます。

夜の桜島のことを、考えたり、見にいったことはありますか。
鹿児島のお昼の顔でもある桜島は、夜だってかわらずに火山の活動をつづけています。

火口では水蒸気を上げ、ゴオオと音を立てながら火映現象を見せてくれたり、かと思えば静かに黙り込んだり…。刻々と様子が変わるため、見ていて飽きることがありません。運よく爆発が起これば、火口や山肌は赤く染まり、空には火山雷が走り、大きな爆発音が響きわたります。

目の前で繰り広げられる雄大ばジオ(地球)の営み。こんな景色を日常的にみられるのは、日本中探してもここだけかもしれません。

日々、桜島を探求されている方々のガイドのもと、もっと桜島のことを知るためのナイトツアーです。暗くなるころに、夜の噴火口を見にへと、探検に出かけましょう。

これまで、見えていなかった桜島を目にすることで、日常の風景がまた好きになることを願います。


★ナイトツアーのポイント★

・夜に爆発的噴火が起こると、写真のように山が赤く染まります。
・桜島ビジターセンターより、ガイドが噴火を望むオススメポイントへとバスにてお連れします。
・2013年の爆発回数は835回(2.3回/日)。また、2014年の爆発回数は、8月13日時点で209回(約1回/日)です。ツアー中には爆発を見られないことも多くあります。これは山の機嫌次第。「噴火しますように」と一緒にお祈りしましょう。
・星空の美しい場所でもあります。「噴火しなくても流れ星に感動」ってこともあるかも?
・この日のために、桜島探検をテーマにしたオリジナル弁当を準備します。

※この取り組みは、「桜島・錦江湾ジオパーク」と連携した企画となっています。桜島の魅力を学び、より身近に感じていくことを目的とした「ジオ・カフェ」シリーズとして行っていきます。

—–

ガイド:
NPO法人 桜島ミュージアム
主催:
桜島・錦江湾ジオパーク
共催・広報・運営協力:
サクラ島大学
—–

この記事に対するレポート

この記事に対するレポートはまだありません。

サクラ島大学のレポート

レポート一覧へ

授業に関するお問い合わせ

授業やイベントに参加したい 〜生徒として〜

授業やイベントごとに毎回参加者を募集しています。サクラ島大学の生徒になるための登録手続き・費用などは必要ありません。参加費用や参加上の注意事項などはその都度異なりますのでご注意ください。

伝えたいこと・分かちあいたいことがある 〜先生として〜

自分の得意なことや大切にしていることを伝えたい。そんなときは、先生役として授業をつくることができます。また、企業等の各種団体からの依頼もお受けしています。

使ってもらいたい場所・行ってみたい場所がある 〜キャンパス〜

「休園になった幼稚園でワークショップなどのイベントをしてほしい」、「錦江湾に浮かぶ無人島に行ってみたい」そんな願いや要望はありませんか?

授業やイベントを一緒に作って参加してみたい 〜サポーター〜

授業の準備にも関わってみたい人に。一緒にアイディアを出したり、調べてみたり、手足を動かして試してみたりしてくれる方を募集しています。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
メッセージ本文