サクラ島大学 ホーム » プロジェクト » 歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。
無事に終了しました。
歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。

歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。

開催日
2013年05月26日(日)
開催時間

11時00分〜20時頃

オモイデトラベル 〜郡山編〜
歌の生まれる原風景、なにもない緑豊かな町へ。

好きだった子の住んでいる街を歩くと、今でもせつなくなってしまう。
思い出の場所に訪れるだけで、色褪せずにその頃の情景がよみがえってくる。
何をするでもなく、満ち足りた時間を過ごせてしまう。
記憶することや思い出すことって、かけがえのないことだと気づける瞬間です。
少し妄想するだけで、見慣れた道なのに違った景色がひろがる。
また、行きたいと思えてしまう。言葉では伝えることの難しい、この衝動に応じるような旅をしてゆきたい。
わたしたちは、ここぞ!という名所や巷でウワサの場所を中心にするのではなく。
誰かのなかにある「オモイデ」を手がかりに、旅をつくってゆくことに取り組んでみます。

「オモイデトラベル」と名付けた旅の行き先は、豊かな田園風景が広がる美しい町、「郡山」。

郡山は、鹿児島市の北西部に位置し、市内中心部から車で30分くらいでたどり着く町。3号線を進んでゆき、郡山に入っていくと、山々に囲まれたとても豊かな環境がひろがります。主な産業は、農業。目立った名所があるわけではない、この緑豊かな町へ、旅に出掛けてみます。

今回、オモイデ案内人となっていただくのは、郡山で暮らすシンガーソングライターの方。育ってきた、そして、今も暮らしている、郡山の風景を曲にして歌っておられます。郡山の田園風景を歩いていると、足下に咲いている草花を気にかけたり、自然のなかの音にふと耳を傾けてしまいます。当日は、気持のよい自然をたくさんあじわうこと。そして、いくつかの特別な思いのある場所で、素敵な歌を聴かせてもらいながら旅を進めてゆきたいと思います。目に映る風景と、耳にながれる歌を楽しむ旅です。

○旅のみどころを一部ご紹介

「彼女の歌と、ともに原風景を。」

シンガーソングライターの方が、いつも散歩をしているお気に入りの場所や、オモイデの残る場所を、紹介してくれます。豊かな自然のなかで、彼女の歌とともに。暮らしている人だからこそ、見えている景色をわけていただきましょう。

「桜島や錦江湾を一望できる、見晴らしの良いキャンプ公園。」

自然が豊かで、見晴らしのよいキャンプ場「八重山公園」。大人もびっくりなアスレチックも楽しめます。近辺には、甲突川の源泉地や美しい棚田がひろがる風景があり、そこも訪れる予定です。

「98歳、ひとりの山守が育てた里山『千年の森』」

一人の気象学者・三原先生が、大学大官後にふるさとの山にこもりました。そして、里山を育てはじめて33年間。千年のときをかさねて欲しいという、願い込められた名の森には、300種類以上の樹々が息づいています。様々な人からの植樹をうけ、その度に、丁寧に樹々にしるしを刻んでいきました。森に足を踏み入れると、三原先生の、とてもつよい意志と、深い愛情を感じます。とても、とても素晴らしく、学びの多い貴重な里山なのです。
トラベルの下見のなかで、出会った郡山にある「千年の森」を、ぜひご紹介したいと思います。

「旅のしめくくり。夜空に灯る蛍を見に。」

“蛍は生きる環境をえらんでいる。決して綺麗すぎる環境というわけではなく、人が暮らしている営みある近くに。ありのままの自然と川の流れる場所に。”そんな話を、ある虫博士が教えてくれました。
郡山には、夜になると蛍があらわれるポイントがあります。信頼している虫博士が教えてくれた、アナバなポイントです。旅の最後は、日が暮れて、暗くなった夜空に灯る、蛍を見にいきましょう。

オモイデトラベルは、ふだんの郡山を知って欲しい。わたしの育った街を好きになって欲しい。そんな思いからつくられる、心のこもった旅のプレゼントです。縁もゆかりもない地域でも、旅の出会いから特別な場所へとかわる。そんな場所がふえてゆくことは、とても豊かなことだと実感しています。僕たちは、見知らぬ土地に旅する口実をつくり、もう一度、会いにゆきたいと思えるような旅路をつくってゆきます。また、ひとりの人の「オモイデ」が引き金となって、自分自身のキヲクを見つめ直す時間にもなるかもしれません。「オモイデトラベル」では、出来るだけめぐる場所や、たどる経路の中に、気づきのタネを散りばめておきますね。良き旅路となるように支度を整えておきます。たくさんの出来事を起こし、新たなオモイデを刻んでゆきましょう。

※前回のオモイデトラベルのアルバムはコチラ
※前回のオモイデトラベルのレポートはコチラ 

この記事に対するレポート

この記事に対するレポートはまだありません。

サクラ島大学のレポート

レポート一覧へ

授業に関するお問い合わせ

授業やイベントに参加したい 〜生徒として〜

授業やイベントごとに毎回参加者を募集しています。サクラ島大学の生徒になるための登録手続き・費用などは必要ありません。参加費用や参加上の注意事項などはその都度異なりますのでご注意ください。

伝えたいこと・分かちあいたいことがある 〜先生として〜

自分の得意なことや大切にしていることを伝えたい。そんなときは、先生役として授業をつくることができます。また、企業等の各種団体からの依頼もお受けしています。

使ってもらいたい場所・行ってみたい場所がある 〜キャンパス〜

「休園になった幼稚園でワークショップなどのイベントをしてほしい」、「錦江湾に浮かぶ無人島に行ってみたい」そんな願いや要望はありませんか?

授業やイベントを一緒に作って参加してみたい 〜サポーター〜

授業の準備にも関わってみたい人に。一緒にアイディアを出したり、調べてみたり、手足を動かして試してみたりしてくれる方を募集しています。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
メッセージ本文