サクラ島大学 ホーム » プロジェクト » 森の中、ある日、自然とのかかわりを巡る時間。
無事に終了しました。
森の中、ある日、自然とのかかわりを巡る時間。森の中、ある日、自然とのかかわりを巡る時間。森の中、ある日、自然とのかかわりを巡る時間。森の中、ある日、自然とのかかわりを巡る時間。

森の中、ある日、自然とのかかわりを巡る時間。

プロジェクトカテゴリー : 自然・環境

開催日
2012年03月10日(土)

「環境や自然をテーマにした場を一緒につくろう。」そんな、お誘いをある日受けました。

環境問題というものは重要なこと。そうは思いつつ、やっぱり、僕の毎日の暮らしのなかではどこが遠いものに。
コトバや既にもっているイメージからなのか、しぜんと敷居をあげてしまっていることに気付きます。
でも、まぁ、むずかしいことを考える前に、たまには自然の中へ出かけてみたくなった。
子どもの頃のように、その日だけ日常から離れる遠足へ。

− 森の中、ある日、自然とのかかわりを巡る時間。

この日、自分なりの自然とのかかわりをもった働き方をしている三名の方をお招きして、その方々と一緒に過ごします。
日々の暮らしのなかに、どんなことを大切にして自然と向き合っているの?
そんなことをたずねながら、じっくり話しながら。彼らが大切にしている知恵や技術に触れながら。

一緒に過ごした時間のなかで、新たな発見や出会いがあること、自分なりのかかわり方のヒントが生まれることに期待をしています。

遠足から帰ってくると、いつもの景色が違って見えるかもしれません。
子どもの頃に、そうだったように。

さぁ、バスに乗り込んで川辺へ遠足に出かけよう。想像しないような温かな経験と自然に出会いに。

久保 雄太 (サクラ島大学)

「かわなべ遠足2012」は、その日、3つのコースにわかれます。「いきものコース」「たべものコース」「大地のこどもコース」
3つのコースには、それぞれに自然とかかわりもちつつ働きをしているガイドさんがいます。ガイドさんの、その世界の話をじっくりと聞いたり、体験できたり。自然あふれる森の中で、五感いっぱいに感じ、学んでゆきましょう。(※大地のこどもコース。ここでつかわれている、「こども」というのは子ども向けのコースという意味ではありません。一般・親子ともに参加できます。)

この記事に対するレポート

この記事に対するレポートはまだありません。

サクラ島大学のレポート

レポート一覧へ

授業に関するお問い合わせ

授業やイベントに参加したい 〜生徒として〜

授業やイベントごとに毎回参加者を募集しています。サクラ島大学の生徒になるための登録手続き・費用などは必要ありません。参加費用や参加上の注意事項などはその都度異なりますのでご注意ください。

伝えたいこと・分かちあいたいことがある 〜先生として〜

自分の得意なことや大切にしていることを伝えたい。そんなときは、先生役として授業をつくることができます。また、企業等の各種団体からの依頼もお受けしています。

使ってもらいたい場所・行ってみたい場所がある 〜キャンパス〜

「休園になった幼稚園でワークショップなどのイベントをしてほしい」、「錦江湾に浮かぶ無人島に行ってみたい」そんな願いや要望はありませんか?

授業やイベントを一緒に作って参加してみたい 〜サポーター〜

授業の準備にも関わってみたい人に。一緒にアイディアを出したり、調べてみたり、手足を動かして試してみたりしてくれる方を募集しています。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
メッセージ本文