サクラ島大学 ホーム » プロジェクト » はじまりの授業
無事に終了しました。

はじまりの授業

プロジェクトカテゴリー : 交流イベント

開催日
2011年07月07日(木)

「学ぶ」のまえに、考える。よりよく学ぶこと。
~働き方研究家のお話を手がかりに~

いよいよサクラ島大学の授業がはじまります。

僕たちは、学ぼうとする心がけひとつで、
きっとたくさんのことに出会えるはずです。
これから始まる学びの時間のために、
今まで見おとしていたことに、できるだけ気づきたい。
自分のなかの好奇心や感性のスイッチを、できるだけオンにしておきたい。

僕には見えていないものに、気づけたり、出会っていくことが上手い人は、
「なにがちがうんだろう?」きっとなにかが違う。
その違和感を、すこしでもひも解いていけたら、
今まで見えなかった風景が見えてくるのだと思うのです。

今回、そんな「学びのヒント」になるお話を、
働き方研究家の西村佳哲さんにお願いしました。

西村さんは、様々な方のワークスタイルやライフスタイルを、
インタビューして、その探検報告を本に書かれています。
ものごとにおいて、少年のように無垢な好奇心をもち、
丁寧な会話から「きく」という行為を、とても大切にされている方です。

西村さんは、インタビューという行為を、こんなふうに表現されています。

「僕にとってインタビューとは、人を通じて見えてくる風景に魅入ることであり、
その執筆は風景画を描く作業に似ています。」

どんなことを大切にしながら、どんなふうに探検をし、どんな風景を見ているのか、
その働き方や旅の記憶から、お話をしていただきます。

西村さんのお話を手がかりに、これから学んでいくその前に
よりよく学んでいくためのヒントを、考え、発見できるような時間になればと願います。

この記事に対するレポート

この記事に対するレポートはまだありません。

サクラ島大学のレポート

レポート一覧へ

授業に関するお問い合わせ

授業やイベントに参加したい 〜生徒として〜

授業やイベントごとに毎回参加者を募集しています。サクラ島大学の生徒になるための登録手続き・費用などは必要ありません。参加費用や参加上の注意事項などはその都度異なりますのでご注意ください。

伝えたいこと・分かちあいたいことがある 〜先生として〜

自分の得意なことや大切にしていることを伝えたい。そんなときは、先生役として授業をつくることができます。また、企業等の各種団体からの依頼もお受けしています。

使ってもらいたい場所・行ってみたい場所がある 〜キャンパス〜

「休園になった幼稚園でワークショップなどのイベントをしてほしい」、「錦江湾に浮かぶ無人島に行ってみたい」そんな願いや要望はありませんか?

授業やイベントを一緒に作って参加してみたい 〜サポーター〜

授業の準備にも関わってみたい人に。一緒にアイディアを出したり、調べてみたり、手足を動かして試してみたりしてくれる方を募集しています。

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
お問い合わせ内容 (必須)
メッセージ本文