サクラ島大学 ホーム » sailing diary » 日記 » 枕崎への動機

枕崎への動機

トラベルチームでの初めてのツアー型の授業。枕崎を選んだのは、トラベルメンバーの一人が暮らす街だから。毎週の会議に枕崎から駆けつけてくれるのです。彼女を動かしているエネルギー源やそうせずにはいられない何かに、僕はとても心を動かされるし、どうして?と知りたくなります。そんな彼女がトラベルに参加する理由のひとつは、自分の住んでいる街を見直すことと、知ってもらえる機会にしたいということ。僕らも、なんとなくぼんやりとしたイメージしか湧かない枕崎にかかわりをもつ良い機会になると思いました。

ただガイドを見て行くのとは違う。そこで暮らしている人の(23年分の)オモイデを手がかりに、街のことを知り、感じてゆきます。これは、僕らや、参加していただくみなさんが「枕崎ってどんな街?」ということを探しにいく旅で。その先頭をきって探そう、出会おう、思い出そうとしているのが彼女なのだと思います。こんなんだよって、決めて情報を渡すのではく、誰もが同じ目線で探検しに行っているというのが、当日に良い空気を生むと予感してます。どうぞ、よろしくお願いします。

> オモイデトラベル ~枕崎 行き~
「黒潮と太陽の街で、彼女とめぐるキヲクの旅。」

関連ログ

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。