サクラ島大学 ホーム » sailing diary » 想い » 今日の公園。

今日の公園。

公園の話をかきました。

そして、今日はお昼過ぎに、いつもの珈琲をもってある公園にいきました。
その日のうちに読み終えたい本があって、それを読むことに。

昨日は、寒かったのですが、今日は暖かかったので、日陰のベンチを選びました。

小学生の子どもたちが、野球をしていました。
缶コーヒーが、ホームベース。あとの塁はなんとなく。

僕は、珈琲を飲みながら本を読みます。

子どもたちが、いつの間にかサッカーをはじめていました。
ゴールは、向こうのベンチとあっちのトイレの壁のようです。

少し寒くなってきたので、陽があたっていた隣りのベンチへ移動しました。

子どもたちが、遊具がある方で「ぼっけん(かごしまのけいどろのような遊び)」始めます。

また、影になったので、陽のあたる違うベンチに移動しました。

僕と子どもたちの他には、おばさま達の世間話や、同じように本を読んでいる若い人。
会社帰りの人がパンを食べながらハトにエサをあげたりしていました。

4回目のベンチ移動をしたとき、
子どもたちは、それぞれ自由に散っていました。

ブランコだったり、ゲームボーイ(DS)したり、サッカーやバドミントン。

そして、僕は、今どうしても読んでおきたい本を読み終えました。

陽があたるところに移動しながら、本を読み、
子どもたちの遊び方を気にしながら、これからのことを考えていた時間。

その日、3時間くらいの間だったけど、
その公園には、たくさんのコンテンツ(楽しいこと)でいっぱいだった。

今日、公園で過ごしていて決めてみたこと。
なんとなく公園の時間を、日課にしてみようと想います。

「僕(あなた)のなかにある公園」のようなイメージがあるなら、
公園で過ごすことは、きっとアイディアが生まれたり、ヴィジョンがみえてきそう。

公園に少しでも寄ってみる行為が、ひとつの思考のスイッチになるとも想う。

あとは、日課っぽい響きが、今好きなのもあると想うし、
僕の尊敬している人たちが、公園を研究し始めたことにも影響されてたり。

たぶん、向こう何ヶ月かは天文館周辺と、家の近くの公園を転々と。
空いた時間や、なにかのついでに少し寄ってみたりからはじめてみます。

今日、公園で過ごしていて想ったことを最後に。

自由に、その場を楽しんでいく子どもたちのように、
まわりには、たくさんな素敵な人たちがいます。

トイレの中で、ブルータスを読みながら、イカしたコトバをつむぐ人や
夜な夜な、写真とダジャレのことでいっぱいで毎日夜更かしする人。
自動車免許の更新もそっちのけになるくらいデザインに没頭する人。
珈琲が飲めなかった僕に、おいしい珈琲の飲み方を教えてくれる人。
音楽が好きだったり、餅がすきだったりする人。

素敵な人たちが、たくさんいて、
「そんな人たちが想いっきり楽しそうに力を発揮できる場所。」
僕のこれから考えていく場づくりの一歩目。

楽しませてくる人や、率先して楽しんでくれる人。
今日の公園のように、たくさんの楽しませ合うコンテンツが
自由に散りばめられていることを想像しながら。

ということで、オモシロイ公園情報お待ちしています。

関連ログ

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。