サクラ島大学 ホーム » sailing diary » サポーター会議 » いよいよ明日。その前に。

いよいよ明日。その前に。

明日は、いよいよサポーターミーティングの日です。

僕は、今回の「場づくり」、ほとんど何もしていません。
サポーターのみんなが、つくってくれて、準備してくれた場なのです。

そのプログラムの内容を少しご紹介します。

まずは、その日の「日直」っていう係(司会進行)があるようです。
日直のふたりが、僕(学長)の紹介をしてくれる予定なのですが、
実は、僕はここがとても楽しみ。
日直の人が、どんなふうに紹介してくれるのか、楽しみなのです。

その後、僕の方から大学についての紹介をさせていただきます。
これまでの準備期間を通して、少しずつ育っていった経過、
どんなことを大切にして、何をしていきたいのか、
自分自身も、そのところを明らかにしていく時間にしたいと想っています。

その後、実際に一緒に大学をつくってくれているサポーターや職員のみなさんと、
「サポーターってどうなの?」「大学にかかわりはじめて、最近どうなの?」
という話を自由に話していきます。僕も、どう想ってるのか聞いてみたい内容。

後半は、4月10日の開校式、大花見大会について。
少しの説明のあとに、グループにわかれて、
「こんな花見があったら楽しいよね」という作戦会議を行う予定です。

今回、参加することが、そのまま「サポーターになる」ということではありません。
その日をとおして、別のかかわり方を見いだしてもいいと想います。

知りたいとか、なにかのカタチでかかわってみたいと、少しでもうずいた方は、
ぜひ、お気軽に来てみてください。
まずは、知ってほしいし、体験してほしいと想っています。

夏に、とっておきの想い出となった、グッドネイバーズジャンボリー
あの日に、集まってくれたメンバーと、
今、こうした「場」をつくっていることは、まだ想像していませんでした。

そういう、想像にできないようなコレカラの出来事の、
またきっかけとなる日になるのかもしれませんね。
そうなってほしいです。

ユータ学長

関連ログ

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。