サクラ島大学 ホーム » sailing diary » サポーター会議 » みんな、どんな私欲をもってきているの?

みんな、どんな私欲をもってきているの?

先週にひきつづき、サポーター会議。

集まったときの、みんなの様子をみていると、
もちろん話すことや、決めることはたくさんあるのだけれど、
会議を口実に、それぞれが顔を合わせたいという想いが伝わってきます。

先週は、2月18日にサポーター企画で何かイベントをしようということになりました。
そのことについてのミーティング。

嬉しくなったのは、それぞれが、自主的に何かを考えてきていたこと。

これやってきてください!っていうのより、
こんなことしたいなぁ。と、思わず伝えたくなって、考えてきたものの方が、
アイデアひとつにかける想いも強いし、
よけいにチカラ入れなきゃと、こっちも気を張ることに気づく。

すーっと、イベントの骨は決まっていきました。
(イベントに関しての情報は、後日お知らせいたします)

途中から、「みんな、どんな私欲をもってきているの?」という質問をきっかけに、
大学にかかわるきっかけや、想いを、伝え合う時間がはじまりました。

みんなにとって、どんなふうに大学がみえているのか、
どんなことに期待して、どんな口実にしていこう(活かして)と想っているのか、
まっすぐな想いや私欲を、今、聞けてよかった。

こんなこといいな、できたらいいなっていう
ドロドロした私欲たちが、底のほうでうごめいて、
なにかとてつもないエネルギーになっていく。

これからサクラ島大学から、生み出されるものや、
引きつけていく衝動のような魅力というものは、
ココが原動となって発動していくかもしれないと気づけました。

写真は、タピオカトンネラーーズ☆

それぞれの「本当」に近づいていくと、ドキドキします。

ユータ学長

関連ログ

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。