サクラ島大学 ホーム » sailing diary » タピオカトンネル » 謎の集団「タピオカトンネル」

謎の集団「タピオカトンネル」

最近、よく聞かれる質問。
「タピオカトンネルって何ですか?」

ようやく、ゆっくりとそのことについてふれる覚悟ができました。

そのなんとも、何の名前なのか、ピンとこないネーミング。

実は、タピオカトンネルとは、サクラ島大学の「写真班」のチーム名。

なぜ、そんなネーミングになったのかは、実は僕も知りません。
未だに、謎の多い集団ですが、、
ただ、タピオカメンバーは「写真」「カメラ」好きっ子が集まっていること。
そして、何より「ダジャレ」を愛していることは、知っています。

タピオカトンネルから連想できるのは、
僕が毎日通勤でくぐっている、タ*オカトンネル。。笑

タピオカメンバーは、もっぱら火曜日に集まり会議をひらいています。
しかも、エスプレッソ片手に、持ち寄ったケーキを食べながらの会議。

会話の内容は、ダジャレ率多し。

でも、メンバーの方には鹿屋からくる方や国分と遠方からくる方も。

みんなね、カメラや写真が本当に好きなんです。
そんなみんなの話を聞いていて、僕も例のカメラ(写ルンです)を始めたのですから。

そして、今回、ようやくタピオカトンネルを少し知れる機会が。

すでに始っている「ash − Satsuma Design & Craft Fair」
GOOD NEIGHBORs 2Fのギャラリーにて、
タピオカメンバーの撮影した写真たちが展示されています。
(実は、この展示は11月初旬に東京・渋谷でも展示されたもの、
サクラ島大学の開校を前に、東京進出しているタピオカは勢いあり過ぎます)

普段は、ダジャレばっかりのメンバーも、
ここぞというチカラと結束は、ホントに感動します。

いい展示となりましたよ。
(大学職員の切通さんの映像作品も見ることができます)
ぜひ、みなさん、ご覧になってくださいね。

そして、これからサクラ島大学の素敵なアルバムが、
すこしずつ増えていくことが、とっても楽しみなんです。

みんな、いつも楽しい時間と写真をありがとう。

ユータ学長

関連ログ

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。