サクラ島大学 ホーム » sailing diary » 日記 » はなれて気づくこと

はなれて気づくこと

かごしまを離れた、一週間。

阿蘇の近くの小国という小さなまちで三日間くらい。
その後は、今年の四月まで住んでいた福岡で四日間を過ごしてきました。

福岡では、サクラ島大学の成長のためにも、お話をしておきたい方々に会いに。
そして、福岡テンジン大学の開校式にも参加をしてきました。
応援というより、スパイのような感じで(笑)
(テンジン大学の開校、おめでとうございます!)

かごしまを離れて、様々な方とお会いしながら、ふと気づいたこと。

常に意識しているのは、「サクラ島のためには」ということ。

ある人には、タピオカのアルバムを見ていただきながら、
サクラ島ってこんな素敵な感じっすよーとおすすめして。

ある人には、こんな悩みを抱えてしまっていてと相談にのってもらい。

ある人には、一緒にサクラ島のストーリーを想像していただいたり。

スキあらば、サクラ島のためになることを採りにいく。
そういうしたたかさが自然と身に付いてしまっていましたよ(笑)

サクラ島を初めて取材してくれた、ライターの方と再会しました。
お気に入りのアルバスで、夏のアルバムを見ながら、話しをした。
いつの間にか、いろいろと考え事を話してしまっていたようで。

後から彼の日記を読むと、「一緒に悩む」という表現があった。
少しでも、「自分事」として考えてくれたことが嬉しく、
また、「それ(一緒に悩んでくれるって)いいなぁ」と想いました。

「悩む過程」「人間くささ」も一つのアイデンティティと表現してもらったように、
かっこつけずに、肩のちからを抜いて、オープンに悩んでいこうと想います。

少しでも、一緒に悩んでくれる人や、たよれる人がいるから。

一緒に悩んでくれる人、どしどし募集中〜!(笑)

オール・フォー・サクラ島!

サクラ島の久保

関連ログ

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。