丘の上

月曜の夜のできごと。

「インザパーク」っていう曲を聞いていたら、ふとある場所に行きたくなった。
僕が高校の頃に、毎日のように友人たちと勉強をさぼってかよっていた「丘の上」。

大通りを奥に進んで暗い道を抜けて、急な階段を登っていくと、小さな公園がある。
さらに登っていくと、きれいに並んでいない木々と、雑草が生い茂った小さな道がある。
そこには、美しいとはいえないし、眺めがいいともいえない景色が広がっている。
そこが僕の「丘の上」。

多いときは、6人とかかな、2人のときもあったり、ときどき1人で来ることもあった。
誰とくるかで、話すことも違うし、別に何も話さずカップラーメン食べて帰るときもあった。
べつに、何か足りてないとか、自分探しのための場所というわけでもない。
なんとなく、自然とそこに足がむかってしまういつもの場所。
たぶん、なんの縛りもなくて、なんにも気にしないでいい場所が他にはなかったのかもしれない。

7年振りとかだったのかな。遠くから見ると、マンションとか建っていて、
「丘の上」があの頃のまま残っているのか、ドキドキと不安になりながら向かっていった。
あの急な階段には、似合わない手すりがついていた。
僕の友達が、壊してしまった小さな公園の遊具はもう新しくなっていた。

そして、たどり着いた「丘の上」。

後ろには、新しいマンションが建っていて、目の前の景色はやっぱり変わっていたけど、
「丘の上」という場所は変わってなくて、そのまま残っていた。なんだかとても安心した。

10代の頃をひきずるように、生きている僕にとって
「丘の上」という場所には、僕にしか見えない風景がある。

ここに来ると、遠くの景色をみる。遠くの方をよく見ている。
その日は、夜の空にウソみたいな雲がふわふわ浮いていた。

その時間に、自分が支配されて、次第になにからも離れて、どこか遠くに行きたくなってしまう。

これまでや、これから、そしてこの瞬間。
どの自分のことも、黙って包み込んでくれる「場所」。
そんな「場所」は、他にはないかもしれない。

そこで、想い出したことがった。
あの頃、みんなで過ごした「丘の上」。
こんな場所をつくりたいと想っていた。たぶん、それで今の僕。

僕が、いつかつくりたい時間を確認できた気がした。
そして、いまどんな時間の場所にしたいのかを、もっと考えようと想った。

これから、またときどき「丘の上」にのぼる日が増えていきそうです。
誰にも気づかれないように(笑)

インザパークを聞きながら。ガヤガヤと、はらはらと♪

この夜のことを、うまくかける自信はなかったけど、かくって決めてた。
やっとかけました。やっぱり、うまくことばにはならなかった。

サクラ島の久保

関連ログ

サクラ島大学のプロジェクト

プロジェクト一覧へ

サクラ島大学がとりくんでいる様々な活動です。その形は授業、イベント、継続して行うゼミのような探究活動など、取り組む内容によって変わります。参加者の募集もここで行っています。